常陸国太田郷鎮守










若宮八幡宮
〒313-0006
茨城県常陸太田市宮本町2344
電話 0294-72-0868
FAX  0294-72-8003
MAIL wakamiya-h@nifty.com

御由緒


 応永年間(1400年頃)佐竹義仁公が鎌倉鶴岡より居城青龍城(舞鶴城)中に若宮八幡宮・稲荷大明神両社を奉斎し、佐竹氏代々の祈願所であった。当社勧請の折、鶴子なる者供奉して来り数世祭祀を司った。世俗で、居鶴(鎌倉鶴岡)、舞鶴(常州太田)、立鶴(羽州秋田)を三鶴と称す。慶長十四年冬、水戸初代徳川頼房公七歳時病を祈り霊験快癒崇敬厚く圭田を寄進した。元禄五年(1692年)水戸光圀公、命じて太田一郷の鎮守とされた。明治十四年郷社に列す。

 並び祀る太田稲荷神社は、創祀は遠く太田大夫通延が始めてこの地に居城を構えた頃に遡ると考えられ、今から一千年の歴史を閲している。元禄五年春光圀城中に桜花を尋ね、古来より聞こえた稲荷の御神体を拝し感激、幣礼を致す。安永五年京師に上り、神階宣下を蒙る。

 宝永五年(1708年)両社を居城の地より今地に造営奉遷す。斯く由緒深い太田稲荷が百年振りで本殿の復興新築を見、当地方稲荷信仰の中心神社として愈々御神威・霊験あらたかである。


御祭神


大鷦鷯命(おおささぎのみこと)  仁徳天皇